Bankrupt Magazine | Vancouver Fiction & Creative Non-Fiction

TOPICS

1.イタリア語とイタリア文学のはじまり
イタリア語は古代ローマ時代に使われていたラテン語と呼ばれる言語の子孫にあたる。 ラテン語も後期には、教会などで使われた古典ラテン語と、日常で使われた俗ラテン語に分かれたとされている。 古代ローマ崩壊後、西ヨーロッパには今のフランス、ドイツ、イギリス、イタリアの元になる国が誕生し、やがて俗ラテン語がこれらの国々で形を変えるようになる。
一番ラテン語の面影が残っていたのはイタリアで、他の国よりも独自の言葉が誕生するまでに時間がかかった。現在見つかっている一番古いイタリア語は、960年の「カプアの法令」と呼ばれるものの中にある。 イタリア語の誕生とともにイタリア文学もその歴史を歩み始める。イタリアの北部では、フランチェスコ・ダッジジらを中心に宗教詩が盛んになる。

<主な宗教詩とその詩人>

●Francesco d’Assisi(フランチェスコ・ダッジジ/ 1182-1226)
・フランチェスコ派修道会を設立した。
・代表作:『Laudes Creaturarum(太陽賛歌)』

●Jacopone da Todi(ヤコポーネ・ダ・トーディ/ 1230-1306)
・フランシスコ会修道士で「讃歌(ラウデ)」などの宗教詩で知られる。
・ウンブリア方言を使用している。 ・ダンテ以前の詩人の中で最も重要な存在と見なされている。

一方、南イタリアのシチリア島では、北欧のノルマン人(バイキング)が南へ下り、両シチリア王国を建国した。 フリードリヒ2世(Federico II/ 1194-1250)の時代に最盛期となり、文学もシチリア派(Scuola Siciliana)と呼ばれる独特の文学が発達した。 シチリア派は、恋愛詩を中心に14行詩(Sonetto)と呼ばれる形を築き上げた。

<主なシチリア派の詩人>

●Giacomo da Lentini (ジャコモ・ダ・レンティーニ/1200頃-1250)
・Etterとの共同により、イタリア風ソネット(Italian sonnet)またはペトラルカ風ソネット(Petrarchan sonnet)を発明した。

●Cielo d’Alcamo (チエロ・ダルカモ/ 1200頃-1250頃)


NEWS新着情報

2011年04月18日
ページ内容更新
2011年04月09日
サイトデザインの更新
2011年04月08日
サイトマップのデザイン変更