sergiobadino.com

TOPICS

1.イタリア語とイタリア文学のはじまり
イタリア語は古代ローマ時代に使われていたラテン語と呼ばれる言語の子孫にあたる。 ラテン語も後期には、教会などで使われた古典ラテン語と、日常で使われた俗ラテン語に分かれたとされている。 古代ローマ崩壊後、西ヨーロッパには今のフランス、ドイツ、イギリス、イタリアの元になる国が誕生し、やがて俗ラテン語がこれらの国々で形を変えるようになる。
一番ラテン語の面影が残っていたのはイタリアで、他の国よりも独自の言葉が誕生するまでに時間がかかった。現在見つかっている一番古いイタリア語は、960年の「カプアの法令」と呼ばれるものの中にある。 イタリア語の誕生とともにイタリア文学もその歴史を歩み始める。イタリアの北部では、フランチェスコ・ダッジジらを中心に宗教詩が盛んになる。

<主な宗教詩とその詩人>

●Francesco d’Assisi(フランチェスコ・ダッジジ/ 1182-1226)
・フランチェスコ派修道会を設立した。
・代表作:『Laudes Creaturarum(太陽賛歌)』

●Jacopone da Todi(ヤコポーネ・ダ・トーディ/ 1230-1306)
・フランシスコ会修道士で「讃歌(ラウデ)」などの宗教詩で知られる。
・ウンブリア方言を使用している。 ・ダンテ以前の詩人の中で最も重要な存在と見なされている。

一方、南イタリアのシチリア島では、北欧のノルマン人(バイキング)が南へ下り、両シチリア王国を建国した。 フリードリヒ2世(Federico II/ 1194-1250)の時代に最盛期となり、文学もシチリア派(Scuola Siciliana)と呼ばれる独特の文学が発達した。 シチリア派は、恋愛詩を中心に14行詩(Sonetto)と呼ばれる形を築き上げた。

<主なシチリア派の詩人>

●Giacomo da Lentini (ジャコモ・ダ・レンティーニ/1200頃-1250)
・Etterとの共同により、イタリア風ソネット(Italian sonnet)またはペトラルカ風ソネット(Petrarchan sonnet)を発明した。

●Cielo d’Alcamo (チエロ・ダルカモ/ 1200頃-1250頃)

似顔絵ウェルカムボードのオプション!メモリアルブック色鉛筆

情報が所狭しと入り乱れ、インパクトのある情報が勝ち残って行く時代です。そんな中、ウェルカムボードの効果は、どの場面においても大きく、それぞれの心を捕えています。「誇大なキャッチフレーズ」「目を見張るような鮮やかな写真」等など。でも、それらは何処にでもあり、目の前をスーと通り抜けてしまます。ふと足が止まりました。ウェルカムボードの似顔絵です。サラサラと描かれた似顔絵でも、胸がときめいて、目を疑いたくなってきます。それが、ウェルカムボードのオプションとして、メモリアルブックに色鉛筆で描かれているものが、目の前に悠然とたたずんでいるのです。

普段は何気なく通り過ぎているはずの、ウェルカムボードの前ですが、似顔絵のウェルカムボードなのです。自分の目を疑うのはもちろんですが、周りの目の方が気になり、動揺する自分を抑えることに必死になっていました。そうです、ウェルカムボードの内容によって、こんなにもインパクトが変わってくるのです。写真では、味わえない手作りの温もり、それが似顔絵なのです。世界で一つしかない、似顔絵のウェルカムボードが、ひときわ輝いて、人の目をひているのを目の前に、実感しつつ、改めて、似顔絵のウェルカムボードを見つめなおしています。

世の中の数ある情報にも、こんなに目を引いて、感動を与えられ、心を奪われるものが、存在していることへの喜びを改めて、ひしひしと痛感しているのです。情報にとって、感動を与えることの大きさは、計りしれないのですが、手作りの情報を温かく、さりげなく発信できるものがあることの現実に直面していることへの、喜びを、一人でも多くの人々に伝わることを願いたいです。似顔絵の温かさは、それは素晴らしいものです。写真では感じ取れない、生の温もり、生の肌触りを実際に目にして、触れて、改めて感じ取ってもらいたいです。絵に描いた餅ではない、温かさのあふれる似顔絵は、沢山の人に見てもらうことで、それぞれの感触で、心を豊かにしてもらいたいものです。

ウェルカムボードは似顔絵で個性的に演出しよう!

結婚式の入り口でゲストを迎えてくれるのがウェルカムボードです。結婚式には欠かすことのできない重要なアイテムとなります。結婚式の受付はご祝儀を取り扱うだけの場ではありません。ゲストをもてなすという重要な役割もあります。そのためにも、ウェルカムボードは暖かい感謝の気持ちが伝わるようなもので最高のおもてなしをする必要があるのです。

最近では手作りしたり、写真を貼ったりして特徴的で暖かみのあるものが人気です。なかでも、新郎新婦の似顔絵で演出するスタイルはとても人気があります。結婚式の後もずっと家に飾っておくこともできることも人気の理由です。 似顔絵のよさは、暖かみがあることです。写真とは違った雰囲気を持ち合わせており、飾るだけでも一味違った空気を感じることができます。最初にゲストをお迎えするウェルカムボードなので、似顔絵を通じて楽しい会話が始まることになります。

お子様が居る場合は、お子様も一緒に描いてもらうことがおすすめです。ゲストの方の気持ちもほっこりと和むことができます。
似顔絵はタキシードやウエディングドレスなどで描くことが一番人気が高いです。和装なども、また違った雰囲気を味わうことが可能です。また、ユニフォームなどの二人の趣味に合わせた似顔絵も人気があります。テーマに沿った演出にすることで、ワンランクアップの結婚式にすることもできます。

また、ウェルカムボードはゲストを迎えるだけが役割ではありません。結婚式を可愛く演出することも可能です。メッセージもリボンや雲などで可愛く装飾し、その装飾に合わせてボードも飾りつけをすることで、統一感がでて可愛らしいウェルカムボードになります。

このように、ウェルカムボードにはゲストを楽しませるおもてなしの精神が詰まっています。似顔絵は結婚式を個性的に演出することが可能です。タッチや色合いなど、自分たちの好みから選ぶこともできます。結婚式後も一生の記念になるので、こだわって選ぶことが重要です。

似顔絵ウェルカムボードは似顔絵JAPAN